【Wi-Fi】途中解約でも違約金が要らないお勧めルーター6選

どうも!ema男です!

今日も訪問ありがとうございます。

ネット環境は私生活に無くてはならないものとなりましたね。新築への引っ越しを計画する上で、可能であればネット環境も入居と同時に整えたいものです。

しかし、家づくりをするにあたり、住宅購入資金や引っ越し費用、家電・家具・生活用品の買い替えでたくさんのお金が必要になります。

ネットが繋がらない生活でストレスを溜めない為にも、余分なお金を掛けずにネット環境を整えるのことが重要になってきます。

この記事は、こんな人向けです!
  • 新築にあたりネット環境も新規契約を予定している
  • Wi-Fiが使えない日をゼロにしたい
  • 解約金を払う無駄をなくしたい
  • 引越しまでに余裕があり、ネット環境も上手く引越しがしたい

この記事では、家の完成時期がザックリと決まった時点で動く方法として、

解約違約金を払わないように、うまく家のネット環境を引っ越しする方法を説明しています。

今の契約を引き継ぐ人は、回線の工事日を上手く設定してネットがない空白の日を減らしましょう。もし空白の期間ができるのであれば、この記事を参考にしてください。

スポンサーリンク
目次

解約違約金とは?

最近よく聞きますね。携帯会社の件で、皆さん知っている人もいるのではないでしょうか。

解約違約金は、携帯だけでなく、光ファイバーやWiMAXなどのネット環境を契約した時にも解約月というものが発生します。

この解約月にピンポイントで解約手続きをしないと違約金が発生してしまう困った契約になっているのです。

3年契約の縛り

例えば、3年契約の場合は次のようになります。

更新期間も1年、2年、3年、5年と複数パターンがあり、更新する年数が多いほど、キャッシュバックや月額の割引額が大きくなります。

しかし、その分、解約のハードルが高くなることを覚えておきましょう。

更新したくない場合は、37ヶ月目に解約申請をしないとそのまま3年間の縛りが継続されてしまいます。

解約にはいくらかかるの?

更新月で解約した場合

更新月に解約できた場合は、必要最低限の費用で解約ができます。

必要な解約金:約1万円

これは、固定回線契約で、家内にネット回線を引き込んでいる場合の撤去費用です。

回線の撤去が必要無い場合やWiMAXなどで物理的な固定回線が存在しない場合は、料金は発生しません。

更新月以外で解約した場合

必要な解約金(合計約2万円~5万円)

  • 回線撤去費用:約1万円
  • 違約金:約1万~4万円

違約金は、キャッシュバックを受けた場合に契約年数によって増減します。

キャッシュバックの規定年数に達していないと、より多くの違約金を返却しないといけません。決められた年数を超えていた場合は、違約金1万円と撤去費用1万円の計2万前後で解約ができます。

新居への引っ越しの時に

・ネット回線を引っ越しするの。

・新しい回線を契約するのか。

は違約金がいくらになるのかで判断しましょう。

それでは、上の2つのパターンを比べていきましょう。

ネット契約の引っ越し方法

ネットの引っ越しは、以下の2つの方法があります。

ネット契約の引継ぎをする場合

今の回線に不満は無く、違約金の負担を避けたい場合は、そのままのプロバイダーで移転手続きを進めましょう。

引き継ぐ場合の注意点!
  • 早めに新居の開通が入居時に可能なのかを確認しておく
  • 旧宅の回線撤去費用と新居の開通工事の費用を確認する
  • 回線工事は、無料になるキャンペーンがあるのかも要チェック

回線の撤去と開通費用で1万~3万円の出費となる場合もあるので、注意しておきましょう。

高額な費用が必要であれば、新規のプロバイダーで契約する手もありです。

新しい契約をする場合

今の契約に不満があり、解約月が近い場合は、上手く解約できると新規の会社でキャッシュバックを貰える可能性もあります。

以下のようなパターンであれば、回線撤去費用の1万円のみで解約手続きが可能になります。

この場合は、12月から新しいネット会社でキャッシュバックを受けられるため、固定回線の撤去費用以上のお金が返ってくる可能性があります。

ema子

キャッシュバックを貰えるなんて最高ですね。
でも解約した7月から入居の12月までネットが無い状態になりますよ💦

この記事の本題です。繋ぎとしてお得に利用できるプロバイダーを紹介しましょう。

ネットを良く利用する人は、繋ぎ回線が肝心になってきます。

繋ぎとして『モバイルルーター』をオススメする理由

この記事では、繋ぎとしてモバイルルーターをオススメしています。

モバイルルーターは、固定回線と違い回線工事が発生しません。

配送後にすぐに使用でき、新居への引っ越しも簡単でWi-Fi環境をそのまま移設できるのが最大のメリットです。

入居前に繋ぎとして利用する事は勿論のこと、入居後に回線工事が入らない場合でもモバイルルーターを使うことで、Wi-Fi環境が構築できます。

上記の7月~12月までの5ヶ月間をWiMAXなどのルーターを使ってネットの繋ぎをしましょう。

解約縛り無しのモバイルルーター6選

繋ぎで使用する場合は、解約の縛りの無いプランがあるプロバイダーを選択するようにしましょう。

少し割高になりますが、途中解約ができるのが最大のメリットです。

まずは、今回紹介するプロバイダーを一覧にしてみました。

一覧表では、解約の縛りが無く、通信速度が速いルーターをオススメにしています。

スクロールできます
ルーター回線料金速度接続台数お勧め度(速度)リンク
ギア Wi-Fi4G-LTE3,630円~~187.5Mbps10~14★★
STAR Wi-Fi4G-LTE3,718円~~350.0Mbps5~14★★★
安さならコレ!
NOZOMI Wi-Fi4G-LTE3,828円~~350.0Mbps14★★★
クラウド Wi-Fi4G-LTE2,090円~~150.0Mbps10★★
5G CONNECTWiMAX⁺5G4,950円~~2.7Gbps40★★★★
オススメ!
とくとくBBWiMAX⁺5G4,158円~~2.7Gbps10~40★★★
3年縛り注意

それでは、縛りの無いプロバイダーの詳細を紹介していきましょう。

ギアWi-Fi

2つのプランを選択可能です。接続台数も10台以上が可能になり、繋ぎのWi-Fiとしては問題ないでしょう。解約月から3ヶ月以内の転居であれば、Wi-Fi環境が無いという不具合も起こることなく、解約違約金の料金範囲で契約が可能です。

プラン料金(税込)
100GB3,630円/月額
300GB4,378円/月額
同時接続数10~14台
速度下り:187.5Mbps
上り:37.5Mbps
MNO回線4G-LTE
機種代金0円

STAR WiFi

無制限と大容量プランがあります。大容量プランは、速度や接続台数的に問題ありませんが、無制限プランになると速度制限や接続台数制限が発生することは注意してください。こちらも3ヶ月以内の繋ぎでオススメです。

プラン料金(税込)
大容量プラン3,718円/月額
無制限プラン4,598円/月額
同時接続数5~14台 ※無制限プラン5台
速度下り:350.0Mbps
上り:37.5Mbps
※無制限プラン150Mbps
MNO回線4G-LTE
機種代金0円

NOZOMI WiFi

接続台数も多く通常使用では問題ない無難なルーターです。こちらも3ヶ月以内のつなぎでオススメです。

プラン料金(税込)
大容量プラン3,828円/月額
同時接続数14台 
速度下り:350.0Mbps
上り:37.5Mbps
MNO回線4G-LTE
機種代金0円

DMM クラウドWi-Fi

使えば使う程安くなるWi-Fiです。最大で6ヶ月間割引が行われます。あまり容量を使わない場合で長期に渡り20GBプランを利用する場合はオススメのプロバイダーとなります。

プラン料金(税込)
20GBプラン2,090~4,400円/月額
100GBプラン3,190~5,500円/月額
200GBプラン6,270~8,580円/月額
同時接続数10台 
速度下り:150.0Mbps
上り:50.0Mbps
※無制限プラン150Mbps
MNO回線4G-LTE
機種代金0円

5G CONNECT

容量無制限で速度の縛りなく使いたい場合は、WiMAXのこちらのプロバイダーがオススメです。

最大40台の接続が可能で、下り最大2.7Gbpsで5G回線が使用可能になります。違約金を払いたくない場合は、最低3ヶ月以上の使用が必要な事は注意してください。

プラン料金(税込)
無制限プラン4,950円/月額
※最低3ヶ月使用
同時接続数40台 
速度下り:2.7Gbps
WiMAXau 5G品質
機種代金0円

5G CONNECTは、5Gに対応したWiMAXであるため、通信速度に不便するようなことはありません。

今回のケースでは、5ヶ月間の繋ぎであるため、最低使用の3ヶ月も超えており、入居後の新しい回線のキャッシュバックで使用した分はペイできるようになります。

とくとくBB GMO

高額なキャッシュバックで有名なプロバイダーです。こちらも5G対応の高速WiMAX回線で解約手数料を負担してくれるありがたいプロバイダーとなります。

プラン料金(税込)
無制限プラン4,158円/月額
※3年縛り
同時接続数10~40台 
速度下り:2.7Gbps
WiMAXau 5G品質
機種代金0円

とくとくBBのプランは、キャッシュバックを貰える替わりに3年間の縛りが発生します。

しかし、とくとくBBのサイト内で光回線へアップデートを行うと、解約違約金などの余分な費用の支払いは免除され、移行先に合わせたキャッシュバックを貰える特典があります。

ema男

更に、とくとくBBには、解約違約金が発生しないレンタルプランがあります。繋ぎ期間が短い場合はレンタルプランを検討してみてください。

まとめ

今回は、解約違約金の要らないWi-Fiルーターを紹介しました。

Wi-Fiのヘビーユーザーには、5Gに対応したWiMAXを。

普段のスマホへのチョイ足しの場合は、100GB~300GBのルーターを選ぶと良いでしょう。

上手く立ち回る事ができると、繋ぎでWiMAXを契約しても引っ越し後の固定回線のキャッシュバックでプラスになります。

解約月が合わず解約違約金が必要になる場合は、『とくとくBB』の解約金を肩代わりしてくれるプランもオススメです。

とくとくBBで、繋ぎのWiMAXを契約して、新居への引っ越し後に光回線へ移行手続きを行います。そうすることで、繋ぎとして契約したWiMAXの3年間縛りが免除されるのは『とくとくBB』だけです。

上手く立ち回って余分なお金を掛けずに快適にネット環境を引っ越ししましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ブログ村に参加しています

この記事の内容が参考になったら、「応援する」ボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

クリックして頂けるとブログの励みになります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2021年に工務店で家を建てました。子供3人の5人家族です。自分たちの経験から、これから家づくりをする人に有益となる情報を流していきます。
共感して貰えたり、家造りのご参考になれば幸いです。

目次