【コスパで選ぶWi-Fiルーター】TP-Linkの使用感レビュー

こんにちは!ema男です!

高機能なのにめちゃくちゃ安いWi-Fiルーター『AX4800』について紹介します。

このような人はこの記事を参考にしてください!
  • 1万前後で買えるオススメのルーターを探している
  • AX4800のWi-Fi電波は、家中をカバーできるのか知りたい
  • 賃貸住宅に住んでいて、これから戸建てを建てる人

それでは、我が家が購入したAX4800について紹介していきましょう。

スポンサーリンク
目次

コスパ最強のAX4800

特徴①:外観、サイズが大きい

AX4800では、より広範囲に電波を広げれるように6つの固定アンテナが採用されております。

これにより、本体のサイズがかなり大きいので注意してください。存在感あり過ぎるので、見えるところに置いていると凄く目立ちます。

ema男

テレビ裏などに設置を考えている人は、スペース面で厳しくなります💦

でもこの固定された6つのアンテナのお蔭で、電波が足らないところに向けて信号を増幅することができます。家の構造上電波が飛びにくい部屋があったり、家が大きい人にはオススメです。

特徴②:同時接続台数80台

1万前後で買えるルーターとしては、機能がズバ抜けています。同時に80台も接続できるため、Wi-Fiに空きが無い!ってこともありません。

近年では、スマート家電が多くなってきているので接続台数が多いルーターはオススメです。

我が家でも、エアコン・お掃除ロボット・洗濯機・コンセントなど、たくさんの白物家電をWi-Fiに接続しています。今は上位機種だけが対応していますが、今後接続することが標準となってくるはずなので、Wi-Fiの接続台数は重要な項目です。

特徴③:OneMesh機能

一般的な中継器でエリア増設を行った場合は、端末がエリア(接続先)の切り替わりのところを行き来した時にSSIDが切り替わり電波が一瞬途切れてしまいます。普段良く使う部屋が電波が交差する場所であれば、接続が不安定になるデメリットがあります。

しかし、OneMeshの場合は、親機(ルーター)と中継器をまとめて管理することが可能となります。これにより、同じSSIDで家中に死角がないWi-Fi環境を構築することが可能になります。

ema男

建築構造上電波が飛びにくい、家が大きいなどの家は、OneMesh対応を選ぶと安心です。

特徴④:Wi-Fi速度

速度もカタログ上では申し分ありません。

AX4800 Wi-Fiスペック

5GHz:4324Mbps
2.4GHz:574Mbps

ルーターを置いている場所から少し離れたところで速度を実測してみました。

5GHz

2.4GHz

調査に使ったiPhone以外の機器も接続しながらの測定値となります。

特徴⑤:コストメリット

これだけの機能がついているのに11,000円前後で購入することができます。Amazonや楽天のセールを狙って買うと更にお得に購入することができます。

我が家の設置例

我が家は、コストメリット優先でAX4800を導入しました。ここからは、我が家の接続状況について紹介します。

設置場所(間取り)

どの部屋でも安定した接続をしたいということで、家の中心にWi-Fiルーターを設置しております。

我が家のスペック

建築方法木造在来工法
階数2階建て
間取り3LDK
延床面積35.7坪
敷地面積59坪

我が家は、Wi-Fiルーターから壁までの距離で最大の場所が5.0mです。

中継器は必要なのか?

我が家のように一般的な戸建ての場合に中継器は必要となるのでしょうか。

各部屋と屋外に出てWi-Fiの電波状況を確認してみました。

屋外でも2階でも基本的のどの場所にいてもWi-Fi電波は、全て立っています。

35坪の木造住宅の場合は、AX4800であれば、本体だけで中継器は必要ない結果です。

AX4800以外でオススメのWi-Fi 6規格のルーター

我が家はAX4800を購入しましたが、その他にもコスパに優れたモデルはあります。

スクロールできます
種類詳細AX4800AX73AX50AX20
ラインナップリンク
速度5GHz
2.4Ghz
4324Mbps
574Mbps
4804Mbps
574Mbps
2402Mbps
574Mbps
1201Mbps
574Mbps
Wi-Fi範囲固定アンテナ×6
ビームフォーミング
高性能FEM
4T4R
固定アンテナ×6
ビームフォーミング
高性能FEM
4T4R
固定アンテナ×4
ビームフォーミング
高性能FEM
固定アンテナ×4
ビームフォーミング
高性能FEM
特徴性能4×4 MU-MIMO
OFDMA
エアタイムフェアネス
DFS
6ストリーム
4×4 MU-MIMO
OFDMA
エアタイムフェアネス
DFS
6ストリーム
OFDMA
エアタイムフェアネス
DFS
4ストリーム
OFDMA
エアタイムフェアネス
4ストリーム
接続台数同時接続80台80台48台数十台
機能その他OneMesh対応OneMesh対応
プロセッサーGhz
CPU
1.5 GHz
トリプルコア
1.5 GHz
トリプルコア
デュアルコア1.5 GHz
クアッドコア
サイズmm262.2 × 144.3 × 51.0272.5 × 147.2 × 49.2 260.2 x 135.0 x 38.6 260.2 × 135.0 × 38.6

まとめ

今回は、レビューとしてTP-LinkのAX4800の実力紹介をしました。木造住宅であれば、AX4800一台でストレス無くWi-Fi環境を構築することができます。

▼ゲーム向けに更に早いWi-Fiルーターを希望する場合▼

▼もう少し安価なWi-Fiルーターを希望する場合▼

それぞれの目的に合ったWi-Fiルーターを選びましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

みんなのアイデアを参考にしよう!

インテリアを参考にしたい場合はこちら▼ にほんブログ村 インテリアブログへ
役立つ暮らしアイデアを探している場合はこちら▼ にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ

ブログ村に参加しています

この記事の内容が参考になったら、「応援する」ボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

クリックして頂けるとブログの励みになります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2021年に工務店で家を建てました。子供3人の5人家族です。自分たちの経験から、これから家づくりをする人に有益となる情報を流していきます。
共感して貰えたり、家造りのご参考になれば幸いです。

目次